犬塚氏の起源、ルーツを調査してみた

犬塚氏の起源、ルーツを調査してみた

誰しもが自らのルーツを知りたいと思っているはず。

とくに日本人は、どこかのアホな政治家が単一民族国家だと言っていましたが、そんなわけがないんですよね。

北海道と沖縄には、アイヌ民族や琉球民族もいて、それらを無き者にしたいから、そういう発言があるとさえ思ってしまいます。

 

しかも、日本列島には、はるか昔から大陸や南方からも渡来人がたくさんやってきています。

顔を見ればわかりますよね、いろんな顔をした人がいますし、中には西洋系に近い人もいれば南方系の顔の人もいる。

天皇ですら、大陸からの渡来人であるという説も存在する程です。

というわけで、自らのルーツを調査してみました。(あくまでネット上ですが。笑)

 

犬塚氏は千葉氏一族の流れだそうだ

さて、当方の姓は「犬塚」といいますが。

この姓の由来はどこに求める事ができるのでしょう。

里見八犬伝にも「犬塚しの」という人が出てきますが、とすると千葉なんでしょうかね?

 

ネットで検索してみると、どうやら千葉氏の一族だったようなのです。

なんと、千葉氏の一族に「犬塚氏」がいるのです。

ちなみに千葉氏とは下総(千葉県)の豪族で、守護大名・戦国大名となった一族です。(Wikipediaより)

 

では、千葉氏の一族の犬塚氏が、本当に当方の「犬塚」と同一であるかどうかの根拠を調べてみました。

元々、当方の出身地である三河には、三河国幡豆郡犬塚邑(村)という村があったようなのです。

これは自分も知っていました。

でもなんと!

その犬塚村へ千葉氏の一族が移住したという史実が残っているのです。

そこで「犬塚」を名乗ったからこそ付いた地名だったんですねえ。。。

ビックリですね。

 

少々、オカルト的な話にはなりますが、人はその前世で関係の深い場所に無意識に引き寄せられたりすることがあるそうで。。。

愛知県出身の自分がなぜ今、千葉県にいるのか?

これはある意味、前世からの因縁ではないか?

そう思ってしまいました。。。

 

なにかと千葉に行くための風が吹いていた

いや、オカルトというか運命なのかもしれません。

実際に、なにかと千葉が自分の周りにチラついてたんです。

そもそも、千葉に初めて訪れたのは最初の大学を辞めて浪人していた時です。

二度目の大学に行くため、親に迷惑をかけまいと予備校に通うため、新聞奨学生になって新聞配達をしながら大学に行こうと思ったのです。

その時の求人が、千葉県千葉市の蘇我という地域だったのです。

たまたま実家で見た求人誌に千葉市(蘇我)があって、そこの条件が良かっただけで、偶然なんですねえ。。。

結局、両親に反対され、しばらく自宅で浪人することになりますけどね。

 

次に千葉へ訪れたのは受験時です。

第一志望は東京外国語大学で、学科の中では最難関である英語科。

しかし、さらっと落ちて、滑り止めだった千葉大学へ合格。

千葉大学も好きで受けたわけではないんですよ。

たまたま、千葉大の後期試験が英語だけで受験可能だっただけで、千葉に行きたくて千葉大学を選んだわけではないんです。

(ちなみに模擬試験の結果などから想像するに、東京外国語大学のベトナム語学科とかだったら、合格していただろう。苦笑)

ちなみに、弟も偶然なのですが、試験科目の都合で千葉大に入学となったのです。(同じく第1志望落ちてます。。。苦笑)

これだけでも千葉との関係性に何か因縁めいたものを感じるのですが、もっと因縁めいているのは、うちの父方の遠い親戚が千葉県の銚子市にいるということ。。。

実際、父親が子供の頃、つまり戦時中、銚子のおじさんの家に疎開に行ったらしいです。

おじさんは元々は銚子の大地主であったのですが、二代目だか三代目になって財産を全てギャンブルで浪費し、落ちぶれたそうです。。。苦笑

でも、親族が銚子にいるというのは、やはり犬塚家は千葉との関連性が深いんだなあと思ったのです。

 

千葉氏とは何者なのか?

これら、なぜか自分が千葉にいる事や、親族に千葉県民がいる事。

これらを総合するに、当方は愛知県出身でありながら、千葉県とは非常に深いつながりがあり、千葉氏がルーツだというのは、状況証拠的に非常に可能性が高いなと。

というわけで、千葉氏がどんな豪族だったのか、調べてみようと思いました。

どうやら千葉氏は、平安京をつくった桓武天皇の血をひく「桓武平氏」の一族で、中世の房総半島を中心に栄えたようです。

この情報は「千葉氏の一族」というWEBサイトで調べました。

鎌倉幕府の成立後には東北から鹿児島にいたるまで、全国各地に領地を与えられたようで、その際に三河の国に一部が移住したようなのです。

ちなみに、千葉氏の家紋はというと、次のような月と星を象徴したものになっています。

千葉氏の家紋

ここでいう星とは北極星(北辰)を指し、古代中国の思想では天帝を象徴するものだそうです。

これに仏教の思想が入り込み、北辰菩薩となり、七仏八菩薩所説大陀羅尼神呪経により「妙見」と呼ばれるようになったそうです。

「妙見」とは「優れた視力」の意で、善悪や真理をよく見通す目を持つ者ということです。

(また、千葉神社は千葉氏の氏神。)

 

犬塚家の家紋は「丸に三本矢」

さて、当方「犬塚家」の家紋はというと、これがまた、まったく上記とは異なる家紋でありまして。。。

星も月もない次のようなものなのです。

これ「丸に三本矢」といいます。

犬塚家の家紋

有りそうでない家紋で、ネットで探しても、なかなか見つからなかったのですが。

が、一つ手掛かりをつかみました。

相良氏系松本氏が、この「丸に三本矢」を家紋としていたのです。

相良氏系松本氏は、相良長利が松本氏を称したことに始まるそうです。

相良長利、相良氏とは藤原南家・藤原武智麻呂の子孫で常陸介藤原維幾の子、藤原為憲を祖とする一族とのことです。

ただ、藤原為憲は、平将門・平貞盛の従兄弟にあたり、藤原氏であるとともに桓武平氏の血縁でもあるのです。

ということは、やはり同じ桓武平氏の一族である千葉氏とつながるんですね。

ということは、この家紋は、千葉氏の一族であることの証でもあります。

 

千葉・茨城のあたりは平家系、犬塚家の親戚だらけってこと?(笑)

桓武平氏の祖となった上総介平高望(高望王)の子らは常陸国下総国に栄え、高望の子で武蔵国村岡(埼玉県熊谷市村岡)に住んだのが、村岡五郎平良文。

良文も最初は鎮守府将軍として奥州に赴任していたそうです。

その子孫、下総権介平常重が平安時代末期に下総国千葉郡千葉郷(千葉県千葉市)へ移り、その地名から「千葉」を称したのがそのはじまりとされています。

一方、相良氏系松本氏は、藤原為憲を祖とするが、平良文と腹違いの妹?姉?が藤原為憲の母である。

つまり、みんな、千葉や茨城あたりに住む「親戚同士」なんですねえー。

 

ぼくの父親の親戚が銚子にいたというのも、茨城に近い銚子という土地なら、非常に納得です。

まとめますと、千葉氏の一族の誰かが、親戚である相良氏系松本氏の誰かと婚姻関係を結びます。

そして、そこで家紋が引き継がれ、その後、三河国幡豆郡犬塚村に移住し、「犬塚」を名乗ったと考えられます。

ちょっと調べたことが、ここまでつながってしまうと、ちょっと怖くなってしまったんですが。。。

これはもはや偶然ではないですよね。

なので、こうして20年も千葉に住んでいるってことを、だんだんと誇りに思うようになりました。笑