体験博物館 千葉県立房総のむら(ヲタク禁止)

体験博物館 千葉県立房総のむら(ヲタク禁止)

ちょっと前、ていうか2011年の話ですが。

妻が成田の「房総のむら」が「とても楽しいよ」と言っているので試しに行ってみました。

体験コーナーとかやってみるべし、というのですが、どうなんでしょうね。

 

意外においしい飲食店(けっこう満席…)

さて、けっこう朝は早く出たので、人はまだ少なかったです。

村の中には畑もあって、まさに昔の「村」を再現しています。

ていうか、「現代の田舎だってこんなもんだろ?」って感じ。

 

房総のむらの中にある畑
房総のむらの中にある畑

唯一「ただの田舎」と違うのは、古い町並みでしょう。

時代劇の撮影にも使われているそうですが。

ちなみに、この建物の中の「そば屋」がおいしいと有名だったので、昼は「そば」を食べました。

 

房総のむら
房総のむら

でも本当は「うなぎ」がおいしいらしいんですけどね。

しかし、こんな朝早く行ったのに、予約がいっぱいで食べれなかったという。。。

うなぎだけは「要予約」でお願いします。笑

 

ランチも「おやつ」もなんでもある

ここは何が嬉しいって、ランチだけでなくて、「おやつ」も用意されているということ。

食べて歩いて、それだけで楽しいという。

始めて来た人は、もう1回行きたくなると思います。

というわけで、茶室にお茶を飲みに出かけます。

まあ、カフェですな。

 

なぜか喫茶と書かれた茶室の床の間
なぜか喫茶と書かれた茶室の床の間

すると、ものすご~~く上品そうなオバチャンが3人で迎えてくれて、それはそれは丁重なおもてなしをうけまして。

で、お茶はともかく和菓子がすごくおいしい。

 

うまそうな和菓子

 

畳に直置きされる、うまそうな和菓子。

お茶の世界は奥が深いですなあ。

 

当時は冬で、歩いていると寒いなあってことで、できたてホカホカの団子でも食べて腹ごしらえ♪

 

房総のむらの団子屋
房総のむらの団子屋

って、食べた瞬間フリーズ。

「みたらしだ団子」、冷えてるし。

オヤジ無愛想だし、まあ江戸時代ですし、こういうパターンもありますわなー。

 

当時からコスプレが盛んだったのでした。。。

気になるのは、終始、コスプレをしたヲタの女子が数人、チョロチョロと歩き回ってたこと。

っていうか、行くとこ行くとこ出てくるので、写真が撮れないという。。。

ちなみに下の建物の左下にはコスプレ女子が数人、ワラワラとゴザを広げてくつろいでいた。

 

左下にオタクがいます
左下にヲタクがいます

ちなみに、あれから数年たちまして、「房総のむら」ではコスプレ禁止になったそうで。

基本ルールとしてはこちら。

撮影につきましては原則和装とし、博物館に相応しい衣装、ポーズ、行動をお願いしています。詳細については、お電話でお問い合わせください。
なお、コスプレ撮影にはお電話でのご予約が必要となります。

もともと和装や時代衣装はOKだったということですねー。

アニメやゲームとかの衣装も申告すればOKだったのか知りませんが、申告以外の服装で撮影する人が続出して、「房総のむら」がキレたらしいです。

ルールをお守りいただたいている方には大変申し訳ありませんが、当分の間コスプレでの撮影の
新規の予約受付を中止します。

公的な施設なので、ルールは厳しいってことですな。

しかし、2011年当時からコスプレ天国だったなんて、知らなかったよ。。。

 

陶芸コーナーは、ちょっとハマるかも

ところで、房総のむらで何が楽しいって、「ものづくり」です。

実際に、色々なものが作れるますが、やっぱ、一番楽しいのは陶芸でしょうなあ。

 

目的は製陶

自由にお皿や湯呑とかを作ることができて、しかも、焼いたものを送ってくれるという。

なんという素敵なサービス!!

さすが税金で運営されているだけの施設ですな。

それにしても、この自作の湯呑。

 

湯のみと取り皿
湯のみと取り皿

うーん、立派だ。

陶芸家になろうかな。

 

何度でも行きたい陶芸コーナー(笑)

ちなみに後日、陶芸にはまってしまった自分は再び陶芸コーナーへ。

目的は、当時エスプレッソにはまっていたということで「デミタスコーヒーカップ」。

先日、房総のむらで作った湯呑が、とても上手にできたので、次はエスプレッソ用のデミタスカップをGETしに行くという作戦。

しかし、今回はなぜか本格的な、ロクロが登場!

この前行った時は、手で回すロクロだったのに!?

おかげで、とても味のあるデミタスカップができました。

 

素晴らしい出来栄えのデミタスコーヒーカップ

 

取っ手は、あとから先生が付けてくれるそうです。。。

ていうか、最初の湯飲みと変わらんなあ。。。

 

その他の体験コーナー

陶芸以外にもいろいろと「ものづくり」の体験コーナーがあるのですが。

こういう何の生き物かよくわからん注意書きも、魅力の一つです。

 

西洋の悪魔の絵でこんなのあるよね
西洋の悪魔の絵でこんなのあるよね

 

「畳コースター」なるものもありました。

が、ちょっと作り方の手順を間違えたら、オバチャンに 「そこを折れとは言ってない!」 とマジにキレられる。

というわけで、なんとか畳コーナーのオバチャンの毒舌にも負けず、畳が完成。

 

うーうー星人が乗る玉座

まだまだ時間が余っているので、次は「ほうじ茶」 作り。

高校生バイトみたいな先生の指導に基づき、茶を焼く。

すげえ、焦げた。

 

微妙に焦げたほうじ茶
微妙に焦げたほうじ茶

 

(2011年当時の)体験コーナーとしては、こんな感じ。

他にもあるんですが、書ききれないので、ぜひ行ってみてください。

ちなみに房総のむらは、各モノづくりコーナーごとのオバチャン担当者の裁量が強いです。

いたるところのコーナーで、オバチャンの個性が発揮されているのもローカルなテーマパークの楽しさの一つですな。

 

縄文・弥生好きの人もぜひぜひ

さて最後に、この「房総のむら」、江戸時代の街並みだけでなく古墳もあるんですねえ。

こんな感じで散歩道には古墳もあるのです。

古代史・縄文好きの自分にとってはたまらない雰囲気ですな。

草ぼうぼうって感じですが。

 

房総のむらの古墳
房総のむらの古墳

でも、ほんとに古代ではハニワを並べてたんでしょうかねえ。

組合デモみたいになってますよ。

 

えー、我々はー、一致団結してー、えー
えー、我々はー、一致団結してー、えー

というわけで、房総のむらでした。