不動産転売ビジネス

自分が楽しめて、そこそこお金になるビジネス。

ふと思ったのだが、数年ほど前だろうか、「大家」が流行ったことがあった。

普通のサラリーマンでも、可能な大家業。

その方法はというと、相場より格安な収益物件(アパート等)を購入し、自分でそこそこ見栄え良くリフォームして、賃貸に出すというもの。

これのいいところは、資金が少なくても始められることで、年々手持ち物件が増えて、そのうち不労所得で暮らせるようになること。

実際には建物のメンテもあるし、ある程度の数がないとそこまでは達成できないと思うが、面白いと思った。

某ビジネスパートナーのO氏に提案して始めようと思ったのだが、却下されたのであきらめて、あれから数年。

今、書店に行くと同種の本が大量に増えていて、あぁ、もう手遅れかなと思った次第。

これは私見だが、実は二番煎じでも十分行けると思っている。

とはいえ、スピードは大事であるから、マスコミに出始めたら終わりの始まりで、もうその時に瞬時に対抗しないと乗り遅れる。

もう賃貸や新築マイホームは人口減ってるし、たぶん、落ち目だろうなと。

なので、中古のおしゃれな物件なら勝ち目があるのではないかと。

 

オレももっと資金があったら自分で始めるのになあと思ったのだが、でも、昨日も書いたが数百万で買える山の中の物件って、ほしがる人って少ないのかな。

前の家もそうだったけど、新築で建てたときはお金がなかったから手入れが適当で、あまり見栄えが良くなかったけど、さすがに結婚するって事で、庭を造り増築し、ちょっと格好良い車をおいたら、あっという間に豪邸に見えたからね。笑

実は豪邸と呼ばれるほどお金はかかってないんだけど、他人が見てそう思うって事は、買う人もやっぱりそう思ったみたいで、こんな良い家を格安で譲って頂いてありがとうございます、なんて感謝されたからね。

なんだか、転売ビジネスができそうだなって思った瞬間。笑

 

実際問題として、ある程度銀行で資金調達できそうなんだけど、素人が始めるのは怖いかな。

でもさ、山の中のぼろぼろの中古戸建てを数百万で購入して、前の家くらいに綺麗にしたら絶対に倍で売れると思うんだよね。

要はセンスだと思うんだけど、前の家を作ってくれた人はけっこうセンスあったんだよね。

でも、美的センスだけならば、オレの方がセンスあると思うんだよね。笑

とりあえず、宅建でもとろうかな。笑

というわけで、次期ビジネス候補とするか。

コメントする