地上の楽園! 蒲郡ラグナシア

お盆休みに帰省した際に、蒲郡のラグナシアに行ってきた。

実家の愛知には年に1~2回しか戻らないのでよくわからないのだが、蒲郡は進化しているみたいだ。

 

というわけで、地上の楽園、蒲郡ラグナシアに潜入。

前回の伊勢志摩スペイン村と同様、意外にパスポートが高いぞ!!

ていうか、園内全体にスペイン村と経営者が同じではないかと思わせる雰囲気がある。

意外と高い蒲郡ラグナシア

意外と高い蒲郡ラグナシア

入園するといきなり魚のモニュメントがあり、いかにも海をテーマにしていることがわかる。

・・ん!?

いや、魚のモニュメントではなく、よくみるとポニョが上に乗ってるぞ!

なぜかポニョがいる

なぜかポニョがいる

めちゃわかりにくい!!

どうやら、ジブリと提携しているようだ。

 

まあ、全体的にディズニーシーの「モロ」パクリ感があり、そこにプールやらジブリやら詰め込んで、なんだかコンセプトがよくわからない典型的な田舎テーマパークである。

しかも園内にプールがあるので水着の連中がウヨウヨしていて落ち着かない。

まさに子供向けのテーマパークなので大人が楽しめるのは、観覧車とジェットコースターのみ。

 

ジェットコースターは、まあそこそこ楽しめる。

スペイン村の「闘牛コースター」のように、がさつな動きで頸椎をヤラれることもない。

スペイン村のジェットコースターが軽トラックなら、ラグナシアはハイエースといった感じでサスペンションが若干良い。(サスなんてあるのか!?)

 

さて、観覧車は、景色が最高でまあまあ良かったのだが、乗車前にサービスとして無料のジュースを渡される。

が、だからと言って喜んではいられない。

というのも、観覧車内の気温はなんと50度にちかく、ジュースを渡されるのは「暑いから飲んどけや」というテーマパーク運営者の配慮なのだ。

こういうところはネズミ国と比較してはならない。

蒲郡ラグナシア観覧車

蒲郡ラグナシア観覧車

蒲郡ラグナシア観覧車

蒲郡ラグナシア観覧車

蒲郡ラグナシア観覧車

蒲郡ラグナシア観覧車

蒲郡ラグナシア観覧車

蒲郡ラグナシア観覧車

地獄のような観覧車から降りて、試しに子供向けのアトラクションに乗ってみる。

その名も、「マジックパウダー」。

この猫が持っているのが魔法の粉「マジックパウダー」だ。

マジックパウダーの棚(怪しい)

マジックパウダーの棚(怪しい)

ていうか、なんだよ、魔法の粉って。。。

何故「粉」をテーマとしたのか、運営者の意図を測りかねる。

と、なんだか怪しい空気の漂うアトラクションの設定に戸惑うが、どうやら、魔法の粉「マジックパウダー」が何者かによって盗まれてしまい、それを取り戻す旅をカートに乗って人形劇形式で楽しむというアトラクションらしい。

 

ディズニーランドでいうところの、カリブの海賊のようなものだが、それに比較すると4000倍はチープな作りなので注意。

スペイン村の「もうネズミなんて怖くないわ」というキャッチコピーで有名な、あの「ディズニーランド」への怨念が生んだ恐怖のアトラクション、「くるみ割り人形」と同じクオリティである。

 

それでは、アトラクション開始。

カートが動き出す。

次々と繰り出される人形劇。

どうやら、魔法の粉は「ボス」が盗んでいったようだ。(見よ、このクオリティの低さ!)

こいつがボス まじか!?

こいつがボス まじか!?

主人公の「猫」探偵たちは魔法の粉を持ったボスを追って、あちこちを駆け巡る。

人形劇のあいだはずっと猫探偵たちが歌をうたっているのだが、その歌の歌詞がヤバイ。

「粉はボスが持っているー ♪」

と、ずっと繰り返し歌っているのだ。

粉を求めて森を探す

粉を求めて森を探す

ていうか粉を盗んでいったボスって、設定がブラック過ぎないか・・・?

子供が見て楽しいのか?

粉だよ、粉。

とかなんとか考えている間にも

「粉はボスが持っているー ♪」

「粉はボスが持っているー ♪」

と、繰り返し、極道な歌詞が流れ続ける。

粉を求めて海を探す

粉を求めて海を探す

森にも海にもボスはいない。

ていか、海底にボスがいるわけねーだろ。

と、ついにいたぞ!

粉を奪ったボスだ!

そして、このキャラクターデザインのクオリティ!!

ついに現れた、ボス!!

ついに現れた、ボス!!

で、ボスは猫探偵たちにコテンパンにしばき倒され、魔法の粉の缶の中に逃げ込んだ!

ていうか、もう缶の真ん中に線が入ってるし。。。

なんとボスの正体は

なんとボスの正体は

あー、やぱりネズミだよ。。。

ネズミだったのさー

ネズミだったのさー

ここで我々は経営者はスペイン村と同じであることに確信を持った。

ここまで執拗なネズミいや、ディズニーランドへの怨念。

スペイン村のアリスは「これでもうネズミなんか怖くないわ」と言い放った。

ラグナシアでは「粉はボス(ネズミ)が持っているー ♪」と猫探偵は言い放った。

恐るべき尽きることのないネズミへの怨念。

ディズニーランドへの怨念を感じたのだった。

 

というわけで、呪いの念で打ちのめされた後、花火がとてもすごいらしいという噂を聞いたので、併設の「おさかな天国?」とかいう海産物直売所で「あさり焼き」でも食べて時間をつぶす。

ていうか、なんで、そんなもんが併設されてるんだろうか。

幻想の世界と写真(下)のバアサンとの接点は何か!?

貝を焼くバアサン

貝を焼くバアサン

とはいえ感じの良いバアさん達がペチャクチャしゃべりながら焼いたあさりを食べながら期待できない花火を待つ。

が、それだけでは2時間もつぶせないので、併設された「アウトレットモール」で買い物を楽しもうと思ったのだが、これも御殿場や木更津のアウトレットをイメージすると衝撃を受けるだろう。

どう見ても、「しまむら」のようなブティックや、質屋かよ!!と思うようなブランドショップが立ち並ぶ。

ディスニーランド言えば「イクスピアリ」なのだろうが、間違ってもそれを期待してはいけない。

期待した我々は大いに打ちひしがれた。

 

ここは経営者のネズミへの怨念が凝り固まった思念の世界、架空の世界に違いない。

そう思うのだ。

我々は妄想を見せられている、これは夢なのだ・・・。

自分に言い聞かせたのだ・・・。

 

さて、そうこうしていると花火が始まった。

全く期待していなかったのだが、なんとびっくり仰天!!

これはラグナシアで一番楽しめるイベントだ。

ていうか、ラグナシアに来てこれを見なかったら間違いなく後悔する!!

それくらい大迫力で幻想的で素晴らしかったのだ。

 

というわけで、園内を見渡せる場所に座って待つ。

蒲郡ラグナシア花火

蒲郡ラグナシア花火

始まった!!

蒲郡ラグナシア花火

蒲郡ラグナシア花火

大音響の幻想的なBGMとレーザー光線が幻想度を高める。

蒲郡ラグナシア花火

蒲郡ラグナシア花火

水の噴射と光。

蒲郡ラグナシア花火

蒲郡ラグナシア花火

そこへ花火が打ちあがる。

これはすごい!!

蒲郡ラグナシア花火

蒲郡ラグナシア花火

全体が赤く染まった。

これはすごいぞ!

蒲郡ラグナシア花火

蒲郡ラグナシア花火

次々と打ち上げられる花火。

しばらくすると、中央の神殿のような場所から卵状のものが徐々に膨らんで出現。

なにこれ!?

蒲郡ラグナシア花火

蒲郡ラグナシア花火

なんだか深い意味がありそうな卵状のオブジェからレーザー光線と花火が噴き出す。

蒲郡ラグナシア花火

蒲郡ラグナシア花火

もうなんだか、すごいことに。

これってもしかして、エヴァンゲリオンの使徒のパクリか!?笑

と思ったが、「パクリでもなんでもいいや!」と思わせるほどの迫力とファンタジー感。

蒲郡ラグナシア花火

蒲郡ラグナシア花火

再び夜空は卵とともに真っ赤に染まる。

蒲郡ラグナシア花火

蒲郡ラグナシア花火

あー、卵がー、卵がー。

何か生まれるのかー!?

蒲郡ラグナシア花火

蒲郡ラグナシア花火

特に何も生まれなかったが、最後に花火大会のラストによくあるしだれ柳のようにぱっと広が巨大なる花火の連射で終了。

しばらく余韻に浸れるくらいの素晴らしい出来だった。

蒲郡ラグナシア花火

蒲郡ラグナシア花火

というわけで、蒲郡ラグナシアは、ネズミ国をパクっておきながら暗にネズミを貶めるという、半ば怨念とも思わせるくらいの経営者の想念が現実となったテーマパークであったのだが、しかし、とにかく、花火はすごかった。

花火だけでも見ておくべきである。

 

地上の楽園! 志摩スペイン村

実家(愛知)に帰る用事があったのでついでにスペイン村に行って来た。

スペイン村は噂には聞いていたが、かなり微妙素敵なテーマパークだった。

これは「パラダイス」認定しても良いだろう。

さて、まず入場には駐車場代が1200円必要である。

そして、パスポートを購入しなければならないが、これもまた意外に高い。

こんな田舎のテーマパークに5000円も払うなんて、かなり躊躇するところであるが、まあ、やむを得ない。

この異様な入場料の高さに不満がある人が多いのか、どうやら「ダフ屋」が横行しているらしい。

その証拠に、エントランスに入るまでの至る所に「ダフ屋注意・半券不可」の警告看板があるのだ。

確かに、ここに来るまでに道路のあちこちで「スペイン村半額券あります!」と書かれた看板の横で、サングラスとマスクの怪しいオッサンがいた・・・。

スペイン村、恐るべし。

強気な価格のスペイン村パスポート

強気な価格のスペイン村パスポート

とはいっても、エントランスは立派なので、期待感は高い。

スペイン村エントランス

スペイン村エントランス

しばらく歩くと、大迷路を発見。

案内係が「迷ったら死ぬよ」と言うので、子供たちはためらって入らないようだ。

しかし、我々は大人なので勇気を持って進入。

「大?」迷路

「大?」迷路

途中、口からゲロを吐く石像に手を挟まれて泣きわめく子供がいたが無視。

そして我々はかなり難しい迷路をクリアして、難解なナゾナゾも解いて宝にありつけた。

あまりに感動して、周りには涙を流している人もいた。

迷路をクリアすると質感のない宝が!!

迷路をクリアすると質感のない宝が!!

迷路から出ると、スペイン村の大人気キャラクターが現れた。

どうも、時間になると現れて勝手に踊って帰っていくようだ。

周りにはギャラリーがポツリポツリといるが、近寄ると跳ね飛ばされるのでお客さんは皆、警戒しているようだ。

大人気キャラクター登場

大人気キャラクター登場

大人気キャラクターの踊る後ろに「闘牛コースター」というよくわからないアトラクションを発見。

案内係に「子供用の乗り物ですよね」と質問してみた。

すると思いがけない返事が返ってきた。

「いいえ、ちがいます。」

あまりに挑戦的なセリフに怒りが頂点に達し、我々は闘牛コースターなるものに乗って見ることにした。

頸椎破壊アトラクション

頸椎破壊アトラクション

しかし、案内係は嘘をつかなかった。

なんと我々は頸椎を骨折しそうになったのだ!

闘牛コースターとは、つまり、牛と戦うのという意味ではないのだ。

荒れ狂う闘牛に体当たりされて壁にぶつかっては立ち上がり、また牛にやられる悲惨な闘牛士を体験できるというアトラクションだったのだ!

酷い首痛と、脳震盪により歩けなくなり、損害賠償など検討していると、ふと「くるみ割り人形」なるアトラクションが目に入り、首痛と脳震盪が治癒した。

これも大人気アトラクションではあるが、先ほどの闘牛コースターのように被害を被るのもコリゴリなので、しばしエントランスで立ち止まる。

そこで、くるみ割り人形と書いてあるがもしかしたら「頭かち割り人形」ではないかと妻が言うので確かにその可能性が高いと判断し、並ぶだけ並んで、様子を見て命の危険を感じたら途中で列を抜ける事とした。

大人気アトラクション頭かち割り人形

大人気アトラクション頭かち割り人形

列に並ぶと、アトラクションの解説のビデオが流れている。

くるみ割り人形のお話は、少女がプレゼントにくるみ割り人形を買ってもらう場面から始まる。

そして、いつも「くるみ」をこっそり食べてしまうネズミを、くるみ割り人形が夜中に動き出し退治する物語だ。

しかし、その解説ビデオの中で、驚愕のセリフが放たれた。

なんと、くるみ割り人形を買ってもらった女の子が 「これでもうネズミなんか怖くないわぁ」と言っているのだ。

なるほど!!

謎は全て解けた!!

「これでもうネズミなんか怖くないわ」

「これでもうマウスなんか怖くないわ」

「これでもうミッキーマウスなんか怖くないわ」

そうなのだ、このアトラクションは「ディズニーランド」への挑戦だったのだ!!

「これでもうディズニーなんか怖くないわ」

スペイン村のエントランスといい、キャラといい、ディズニーランドをリスペクトしているかと思っていた。

しかし、それは、まったくの間違いで、地獄の鬼のような怒りと、そして憎悪を間接的に現わしていたのだった。

「これでもうネズミなんか怖くないわ」

なんとも恐ろしすぎるセリフ・・・。

ネズミ VS くるみ割り人形

ネズミ VS くるみ割り人形

このミッキーマウスを思わせるネズミたちの顔もまた、コピペかのごとく同じ顔。

嫌な顔をしたネズミたち

嫌な顔をしたネズミたち

次なるアトラクション「不思議の国のアリス」も、ディズニーランドへの挑戦であった。

同じようなアトラクションのあるディズニーをはるかに上回るクオリティ。

エントランスで「魔法のステッキ」を渡されて、それを振ると魔法がかかる仕組みである。

さすがのディズニーも本当に魔法のかかるアトラクションなどないのだ。

微妙なモンスターの絵

微妙なモンスターの絵

しかし、当然のごとく魔法のステッキは最後に改修されてしまう。

そして、取っ手を目の前で拭く係員。

これは、たこ焼きを焼いているのではない。

そして、布が非常に危うい。

汚い雑巾で取っ手を拭く女性

汚い雑巾で取っ手を拭く女性

他にもスペイン村には謎のアトラクションが数限りなくある。

例えば、タイムトンネル。

謎のタイムトンネル

謎のタイムトンネル

志摩で取れた魚介類を保管するための冷蔵庫。

まるで魚介類の倉庫

まるで魚介類の倉庫

巨大な怖い顔。

怖いおばさん

怖いおばさん

そして、巨大な怖い顔。

怖いおじさん

怖いおじさん

そしてもうひとつ、頸椎破壊アトラクションもあるのだが、それは実際に行ってみて探してほしい。

全てのアトラクションは3時間でまわれるはずだ。

4800円で3時間だ。

02 田舎暮らしを実現したい

都会の生活に疲れた。自然の中でのんびり暮らしたい。
でも仕事を辞めるわけにはいかない。
かと言って田舎に別荘を持つ余裕なんてない。
そこでぜひとも実現したいのが、会社を辞めずに田舎暮らし、いわゆる「プチ田舎暮らし」。
今回の企画はもうすでに、このサイトからリンクが貼ってあるとおり、ずいぶん昔から企画されていたものだ。
そして、ついに!それが実現したのでその報告。
【日時】
2005/04/01 ~ 2005/10/01
【場所】
最近めっきり姿を消したマイク真木で有名?な千葉県夷隅郡岬町
テレビで取り上げられたりするので定年後の夫婦が移住してくるパターンが結構多いらしい。
サーフィンでも有名な、ちょっとした別荘地らしい。
ま、つまり、田舎。
【実現したい夢】
(1) 会社を辞めずに都内に通える範囲で田舎暮らしを味わう。
(2) 空気がおいしく、緑に囲まれ、鳥の鳴き声がする環境で暮らす。
(3) 汚れ腐りきった都会では見ることのできない五等星以下の星を見る。
(4) 音楽をガンガンにかけても近所迷惑じゃない。そして大声で歌える。
【問い合わせ】
inu@boosoo.jp
【結果報告】
(1) 会社を辞めずに都内に通える範囲で田舎暮らしを味わう。

会社は辞めてしまった!笑
いや、でも都内には通える範囲だ。
(実際、隣の家の人は同じくSEで都内(葛西)まで通ってるらしいし。)

(2) 空気がおいしく、緑に囲まれ、鳥の鳴き声がする環境で暮らす。

空気はおいしい!
夜になると森の辺りはうっすら霧が出てマイナスイオンたっぷり。
もちろんまわりは緑一色。
鳥の鳴き声も爽やかに聞こえる。春にはホーホケキョ。

(3) 汚れ腐りきった都会では見ることのできない五等星以下の星を見る。

星もきれい!

(4) 音楽をガンガンにかけても近所迷惑じゃない。そして大声で歌える。

夜中の二時くらいに音楽をガンガンにかけて、歌ったりしても大丈夫。
都会じゃ考えられないね。

というわけで、田舎暮らし大成功!
皆さんもどうですか?
「プチ田舎暮らし in 房総」 参照