東北・北海道の旅 (その5)

さて、東北・北海道の旅の最後の7日目。

 

*** 7日目 ***

 

青森から南下して盛岡へ。

盛岡へ

盛岡へ

青森から南は正直全く期待しておらず、千葉に帰るまでに何か面白いものがあれば寄るかな、くらいの勢い。

取りあえず盛岡は「そば」かなと思ったが石川啄木の博物館があったので寄ってみる。

啄木に全く興味なかったが、まあ、こうして博物館で色々調べてみると面白そうな人だ。

石川啄木博物館

石川啄木博物館

あちこち転々として、非常勤の講師もやっていたみたいだね。

石川啄木博物館(啄木の勤務先の学校)

石川啄木博物館(啄木の勤務先の学校)

やっぱり思慮深い人は旅をしたくなるのだよ。

あっはっは!

と思いながら急いで盛岡名物の蕎麦屋を探す。

蕎麦屋

蕎麦屋

蕎麦屋に入ったのだが、そばメインじゃない料理を頼んで、そそくさと次へ。

ていうか、今日は天気も悪いし、早く温泉でも入って一泊しよう。(つっても車中泊。)

そのまま南下すると仙台なので、再び西に移動して田沢湖方面へ。

乳頭温泉

乳頭温泉

見つけたのは乳頭温泉。

名前からして白いのだろうと思ったが、やっぱり湯が白かった。

乳頭温泉

乳頭温泉

しかも誰もいない貸し切り状態。

ていうか、たいがい一人旅でいく温泉は貸し切り状態だけどね。

いや、それにしてもいい湯だったし、なにより雰囲気が最高に良かった。

乳頭温泉

乳頭温泉

さて、温泉に入ったら、ちょっと目が覚めてしまったので、さらに南下することに。

秋田県の環状列石を見ようと思ったが、多分疲れたんだろうね、面倒くさくなって一気に山形へ。

山形と言えば、修験道のメッカである出羽三山があり、これだけは外せない。

というわけで山に登る直前の麓の道路まできて、そこで車中泊。

辺りは真っ暗で何にもないところでの車中泊はこれが始めたかもしれないな。

 

*** 8日目 ***

 

というわけで、朝起きたら田んぼの真ん中だった。笑

さっそく早朝の霧の立ち込める中、出羽三山へ向かう。

出羽三山(羽黒山東照宮)

出羽三山(羽黒山東照宮)

勢い込んでいったものの、さほどピンと来ず。。。

月山神社

月山神社

ふと見たら観光客が押し寄せてきていたので、まだ朝早いけど、さっさと下山することに。

出羽三山

出羽三山

下山する前に、博物館があったので一応入ってみた。

ここで、色々写真を取ったのだが、唯一撮るのをためらったのが出羽三山の開祖である蜂子皇子。

というのも、化け物みたいな顔をしていたから。笑

出羽三山歴史博物館

出羽三山歴史博物館

蜂子皇子は崇峻天皇の子供なのだが、崇峻天皇といえば蘇我氏に暗殺された天皇で怨霊となった天皇である。

その子供である蜂子皇子は危険を回避するため都から出羽三山まで逃げたのであった。

化け物みたいな顔をしているからと言って怨念によるものではなく、民衆の悩みを聞いていたため表情が険しくなったらしいのだが。

でも、なんか微妙。

どちらにしろ、出羽三山は即身成仏のメッカ?でもあるし、少しオドロオドロしい感じのする場所である。

 

さて、次は仙台に向かう。

仙台って言っても何も思い浮かばないので、取りあえず松島に行ったのだが、これが大正解。

ナイスな博物館を発見した。

奥松島縄文村歴史博物館

奥松島縄文村歴史博物館

館内もとても綺麗で非常によく整備されている。

展示物もあり、映画もありで、楽しませるという意味では、かなりハイレベルな博物館だと思う。

奥松島縄文村歴史博物館

奥松島縄文村歴史博物館

(まあ、ここは2010年に妻と再び来ることになるのだが。)

さて、腹が減ったのでラーメン屋に入る。

かきラーメン

かきラーメン

くるまやチックな非常に怪しいラーメン屋。

探せば他にありそうなものだが、面倒くさいのでここでいいや。

まあ、カキだねって感じのラーメンだった。笑

かきラーメン

かきラーメン

さて、松島はやっぱり奥松島だね。

表?の松島の方は人が多いし、土産を買った店の店員もムカつく接客で、ロクなもんじゃなかったな。

でもこの時にまさか震災が起こるとはつゆ知らず、そして被害の大きさは奥松島の方がひどかったしなー。

残念だな。

奥松島

奥松島

さて、次に行った塩釜神社も、ちょっとオマケ的な感じ。

行こうかどうか迷ったけど、せっかくだから行くことにした。

塩釜神社

塩釜神社

別宮と右、左宮と別れていたのはちょっとおもしろかったかな。

塩釜神社 別宮

塩釜神社 別宮

塩釜神社 右宮 左宮

塩釜神社 右宮 左宮

いや、やっぱり塩釜神社にはいかない方が良かったかもね。

途中、アホ警備員に「そっちじゃないよ」と車のボンネットを手のひらでバンバン叩かれ超むかついたし。笑

(ポンコツキューブだったからよかったものの。)

嫌なことが多いので仙台の街なんか早く抜けようと繁華街を夜に通りすぎたら、チンピラみたいな花束持った輩や、ケバい姉ちゃんがうじゃうじゃいたし。

てういか、やっぱ、おれは都会は向いてないんだな。笑

 

というわけで、最後はちょっと尻つぼみだったが、以上で東北・北海道の長い旅が終わった。

 

この後、友達がドライブで山形まで来ると言うので米沢牛ステーキを一緒に食べてネカフェで一泊して帰宅したが、それにしても長い旅だった。

9日間という日程は最初に行った西日本の旅より長かったと思う。

なかでも、北海道と青森はまた行ってみたいと思わせる何かがある。

最初のフェリーを除くと、北海道と青森でおよそ3~4日なので、やっぱり旅は4、5日くらいがちょうどいいかもしれないな。

 

さて、2012年のGWはどうしようかな?笑

東北・北海道の旅 (その4)

さて、旅も5日目に入って後半戦。

東北を回るまでに、もうひとまわり。

 

というわけで、函館に付いた。

函館の五稜郭タワー

函館の五稜郭タワー

かなり天気が悪い。

さっさと観光して東北へと思ったが、けっこう函館は見所が多かった。

函館の五稜郭タワー

函館の五稜郭タワー

この角度で見ちゃったら、もうタワーに上るしかないよね。笑

で、早速登ったら、かなり良い景色。

カメラが広角でないので星型が全部入らないのがイタイな。

函館の五稜郭タワー

函館の五稜郭タワー

函館山を見ると、あんなに低い山なのに山頂は曇がかかっている。

でも函館の夜景はすごいらしいから見ておきたいんだけどなあ・・・。(百万ドルだかペソだかの夜景)

函館の五稜郭タワーからの函館山

函館の五稜郭タワーからの函館山

もったいないから見ておこう。

函館ロープウェイ

函館ロープウェイ

しかし、 まだ夜景まで時間があるので、少し周りを探索。

そしたら、異人館のような建物がズラリと並ぶ。

函館の異人館?

函館の異人館?

通りもなんとなく西洋チックで趣がある。

函館の西洋風の通り

函館の西洋風の通り

住宅もあるのだが、道路は石畳。

ところどころに小さなカフェや土産物屋もあって、なんとなく恵比寿とか広尾とか渋谷の住宅街っぽい。

明るい時に来てもよかったかな。

函館の西洋風の通り

函館の西洋風の通り

さて、いい感じで暗くなってきたのでロープウェイへ。

ていうか、またしてもカップルばっかしで嫌な感じ。

函館ロープウェイ

函館ロープウェイ

予想通り夜景も雲がかかっていたから非常に微妙。

カップルに写真を取れと言われる前に下山するかな。

函館の夜景

函館の夜景

さて、北海道だけでかなりの時間をかけたので急いで東北へ。

まあ別に急がなくても時間はたっぷりあるのだが、さすがに旅行中に顧客から電話が来ると焦る。

今から来てとか言われたら「北海道です」とはいえない。

基本的に顧客には内緒で旅行に来ているのだ。(ていうかノートPCがあれば仕事できるので別に顧客に断わらなくても良いのだが)

 

さて、急いでフェリー乗り場に来たが、なんだこりゃ。

青函フェリー

青函フェリー

ぼろぼろの建物の1回が受付事務所のようだ。

周りはトラックばっかりで、なんだか荒んだ感じ。

見ての通り、フェリーは小型で船首がパカっと開くタイプ。

しかも、乗るのはトラックばっかり。

青函フェリー乗り口

青函フェリー乗り口

まあ、夜だし暗いしなんでもいいやって感じで、イザ乗りこむ。

青函フェリー乗り口

青函フェリー乗り口

で、乗ってみたら、やっぱりなんか工場の中みたい。笑

青函フェリー

青函フェリー

まあでも人が少ないので気楽で良い。

個人的にはこのほうが好きかも。

というわけで、函館を出港。 夜景がきれいだね。

青函フェリー

青函フェリー

 

*** 6日目 ***

というわけで、青森に到着。

着いたのは、ちょうど下北半島と津軽半島の間のへこんだ部分だ。

青函フェリー

青函フェリー

 

まずは津軽半島へ向かう。

着いたのは、十三湊。(とさみなと)

ここは古代に大々的な貿易で栄えた土地である。

まあ、相変わらず義経の伝説もあるようだが。

十三湊の義経伝説

十三湊の義経伝説

途中、変な道の駅も発見。

十三湊の道の駅

十三湊の道の駅

十三湊と言えば、安藤氏。

安藤氏は日本(ひのもと)将軍と言われる奥州の地方豪族である。

その安藤氏が滋賀の大津から召喚した山王坊日吉神社。

この鳥居がかなり特徴的。(日吉神社の特徴?)

山王坊日吉神社

山王坊日吉神社

ずんずんと奥に進むと、これは恐らく修験道かな?

うーん、いかにも修験道チックな感じで、宿坊の跡があったり、山の上に行っても祠があるくらいだった。

NHKでもこの辺の土地を題材にした歴史大河ドラマ?があったそうだが、知らんなあ。

山王坊日吉神社

山王坊日吉神社

ところで日本(ひのもと)将軍って呼ばれていた安藤氏だが、魏志倭人伝によれば古代日本には、大和と日本という2つの国があったとされている。

その2つが合併して国号が「日本」となったのだが、その古代日本の将軍という意味も含まれていたのだろうか。

やはり、大和勢力は後から来た勢力で、もともとは東北に追いやられた日本国がこの地を治めていたのだろうか?

謎は深まるなあ・・・。

 

さて、十三湊というのは、どこかというと、この部分。

十三湊の図

十三湊の図

なんとなく今と形が違うのは誤差なのか、実際に形が異なっていたのか。

だんだん廃れて行ったとも、津波で全滅したとも言われているが、どうなんだろう、確かに津波には弱そうだ。

あと、どうでもいいが、しじみがたくさんとれるらしいから、土産に買っておけば良かった。

十三湊

十三湊

 

さて、ここから少し南下すると亀ヶ岡遺跡がある。

ここはあの有名なこれである。

亀ヶ岡遺跡の土偶

亀ヶ岡遺跡の土偶

子供の頃、これを見た時ちょっと怖かったもんなー。

土星人って呼んでたような気がする。笑

土偶だけに。

で、ちょっとおなか減ったので、ホタテラーメンを食べる。

亀ヶ岡遺跡近くのラーメン屋(ホタテ)

亀ヶ岡遺跡近くのラーメン屋(ホタテ)

ホタテなら北海道の時に食べとけって話だが、まあいいや。

さあ次は岩木山。

この山は多分、演歌の「かえってこいよ」に出てくる「おいわき山」だと思う。(ふるっ!!)

ふもとに岩木山神社という結構大きい神社があったのでお参りしとく。

岩木山神社

岩木山神社

——————————————–

しかし、行ったのが2006年で、今ブログを書いてるのが2012年。

6年たっている訳だが、この神社だけ、まったくと言っていいほど記憶がない。

でも写真があるから行ったんだろうな。

——————————————–

岩木山神社

岩木山神社

奥が本殿。

岩木山神社

岩木山神社

実際には岩木山自体がご神体である。

山がご神体という、非常によくあるパターンである。(しかしこの日の御神体はご機嫌斜め。)

岩木山

岩木山

さて、このまま南下すると秋田なのだが、まだまだ青森には見所があるので東へ移動。

そうそう、これである。

キリストの墓

キリストの墓

公共の案内板にも登場するキリストの墓っていったい!?

ここを曲がると、ついにキリストの墓がー!?

キリストの墓

キリストの墓

あったー!!

まじかー!?

キリストの墓

キリストの墓

しかも、こっちはキリストの弟の墓らしいじゃないかー!!

キリストの弟の墓

キリストの弟の墓

なんでも、キリストは処刑されたとされているが、実は身代りに死んだのは弟だったのだ。

その亡骸とともに日本に渡ってきて一生をとげたらしい。

(ていうか、これは竹内文書ですな。笑)

 

まあ、確かに東北地方の祭のはやし歌や掛け声などはヘブライ語で「神が来た」などと訳せるという話もある。

諸々の事象からユダヤ文化が日本に渡ってきていることは、もはや確かな事なので、あながちウソとも言えない。

奥に資料館があるので行ってみる。

キリストの墓の資料館

キリストの墓の資料館

ちょっと不気味なものが奥に映っているが・・・。

キリストの墓の資料館

キリストの墓の資料館

かごに入ってるのは赤子で、この辺りには赤子の額に十字を書く風習があるという。

蚊に刺されたら爪で十字を刻む愚かな風習とは全く異なり、やはり何かユダヤ文化との縁を感じる。

まあ、また研究してみたい。

 

さてさて、この後どうするか?

迷った挙句、急いで東に移動し三内丸山遺跡に向かったが17時を過ぎたので残念ながら閉館していた。

なので再び北上して下北半島の恐山付近に「蛇神様」とか「木村の神様」と呼ばれるTVにも出てるオバチャンがいるということで会いに行こうとたくらむ。

並べば普通に誰でも見てくれるみたいで、まあ軽く占ってもらおうと思ったのだ。

で、取りあえず予約の電話を入れるとやっぱり夕方過ぎていたからか留守電応答。

留守電に入れておいても予約できるっぽかったが、どっちにしろ翌日しか無理なので、あきらめて盛岡へ向かうことにした。

東北・北海道の旅 (その3)

つづきまして、東北・北海道の旅 その3。

 

*** 4日目 ***

 

ぶっ飛ばして夜に宗谷岬に到着。

そこで夜を明かして、日本最北端で日の出を見ることにした。

日の出なら最東端のような気もするが、まあとは言ってもせっかくなので記念に日の出を見て行こうじゃないか。

宗谷岬の日の出

宗谷岬の日の出

半分以上顔を出す。

宗谷岬の日の出

宗谷岬の日の出

完全に登りきって周りは黄金色に。

宗谷岬の日の出

宗谷岬の日の出

日も登ったところで次は最北端の街、稚内へ。

稚内と言えば「おじゃまんが山田くん」で出てきた「わっかないラーメン」くらいしか知らないのだが当然周りにはそんなラーメン屋はないようだ。

しかし、ここには宗谷岬と並ぶ最北端の岬、ノサップ岬がある。

写真だと、ノシャップ岬となっている。

なんとなくシャプシャプした感じがする。

稚内(ノサップ岬)

稚内(ノサップ岬)

ちなみに、遠くに見えるの山みたいなのは樺太(サハリン)だ。

樺太や千島列島まで、本来はアイヌの土地であったのだが今はロシアが不法占拠状態。

最近は「北方領土は日本固有の領土です」っていうCMやらなくなったね。(古い!って、しかも樺太は北方領土じゃないし。)

稚内(ノサップ岬)

稚内(ノサップ岬)

さて、ここからは趣がガラッと変わって、街の中へ入っていく。

旭川を経由して札幌に向かう。

旭川市内

旭川市内

途中、上川神社に立ち寄る。

上川神社

上川神社

うーん、神社だねっていう感じ。

上川神社

上川神社

思いがけず普通の神社だったので先を急ぐ。

すると、面白そうな場所に出会った。

その名もカムイコタン。

別に特別な何かがあったわけではないが、なぜか印象に残る場所である。

カムイコタン

カムイコタン

カムイコタンはアイヌにとって神聖な場所でもあるそうな。

カムイコタン

カムイコタン

なぜか、ここにもSLが置いてあって、駅の看板が立っている。

写真左のカムイコタンの解説を読む限り、この場所は神聖というよりも恐ろしい場所なのかも知れない。

カムイコタン

カムイコタン

プレートがぶつかり合う非常に土地のエネルギーの高い場所でもあったのだろう。

そんな場所にSLを置いて良いのか悪いのか。

まあ、どうでもいいや。

カムイコタン

カムイコタン

さて、そろそろ札幌に入る。

街の手前で面白い公園に出会ったので寄っていく。

ここは北海道旅行で最もおもしろかった場所のうちの一つだ。

モエレ沼公園

モエレ沼公園

広大な景色が続く公園で、誰だか知らん某有名デザイナーによって全体が設計されたそうな。

巨大なピラミッド状の山がいくつかそびえ立っている。

もちろん、自然の山ではなく人工の山だ。

モエレ沼公園のピラミッド

モエレ沼公園のピラミッド

上の写真も下の写真も「人」が写っているのが見えるだろうか。

というのも、この山が、かなりでかいのだ。

モエレ沼公園のピラミッド

モエレ沼公園のピラミッド

こちらの山は、頂上まで一本の道が続くタイプ。

天国への道のようだ。

モエレ沼公園のピラミッド

モエレ沼公園のピラミッド

下から見るとこんな感じ。

登るのが大変そうだが楽しいので苦にならない。

この手すりを上から座って滑り降りてくる愚か者どもがいたので、嘲笑っておいた。

モエレ沼公園のピラミッド

モエレ沼公園のピラミッド

こちらの山は、くねくねした滑らかな階段が続く。

こっちの方が天国への道みたいだね。

モエレ沼公園のピラミッド

モエレ沼公園のピラミッド

ていうか、カップルに3回ほど写真を取ってくれと言われかなりウザかったな。

ここは一人で来るもんじゃないな。

 

さて、日も暮れてきたので札幌市内に入る。

札幌のテレビ塔

札幌のテレビ塔

札幌といえば北海道神宮に行こうと思い、さっそく行ってみたら薄暗い。

入れるのかな?

北海道神宮

北海道神宮

入れたが、本殿までは行けないっぽい。

本殿前の門が既に閉まっていた。

珍しく警備の厳しい神社だね。

北海道神宮

北海道神宮

仕方ないので隙間から本殿を撮影。

怪しいなオレ。

北海道神宮

北海道神宮

北海道神宮ってネーミングがどうも気になるが、そもそも北海道ほど神社が似つかわしくない土地もない。

 

さて、翌日は小樽の方に行ってみよう。

ということで、札幌市内を抜けてちょっと郊外でまたまた車中泊。

 

*** 5日目 ***

 

さて、小樽に行くまで温泉に入って、海鮮丼を食べてと、いろいろ予定を考える。

看板を見る限りとても楽しそうな積丹半島の旅だ。

積丹半島

積丹半島

この半島は意外や意外、縄文時代の遺跡や伝説が多い場所だ。

こちらは伝説の場所。

セタカムイ

セタカムイ

そして環状列石の遺跡もあった。

忍路環状列石

忍路環状列石

ちょっと行くと、また別の環状列石。

いわゆるストーンサークルってのは日時計とか祭祀とか用途が色々推測されているけど何かもっと別のもののような気がするな。

地鎮山環状列石

地鎮山環状列石

そして、こちらがまた面白い!!

フゴッペ洞窟というのだが、この絵に注目!!

フゴッペ洞窟

フゴッペ洞窟

これはまさに天使!

こんな恰好をしているのは、現代から古代までさかのぼっても、「にしきのあきら」か「天使」くらいしかいない。

ということは、まさに天使。

いや、鳥人間かな。

フゴッペ洞窟

フゴッペ洞窟の鳥人間

たっぷり楽しんだ所で、そろそろ休憩。

近所の温泉に入って、おいしい海鮮丼屋を、温泉のオバチャンから聞き出し、早速行ってみる。

小樽の海鮮工房

小樽の海鮮工房

ていうか、観光客でいっぱいだった・・・。オバチャンめ・・・。

とりあえず、待ちに待って、ホタテ&イクラ丼とカニサラダ、シャケの水炊き?みたいなスープのセット。

小樽の海鮮工房

小樽の海鮮工房

うーん、さすが小樽だけあって、おいしい!

いやー楽しい遺跡見物とあったかい温泉、おいしい食事が終わってこれからどうしよう。

小樽

小樽

と思ったら、ちょっと雲が多くなってきた。

天気予報だと雨が近いみたいなので、そろそろ北海道を出ようかなと。

次は函館だけど、どこまで見れるかな・・・。