榛名湖&かやぶきの郷 薬師温泉 旅籠 & 伊香保牧場

弟に旅行をプレゼントしてもらったので、温泉旅行に行ってきた。

とりあえず、榛名湖、温泉、伊香保牧場の順に回ることにした。

さっそく、榛名湖湖畔の蕎麦屋でランチ。

けっこうおいしかった。

そば(榛名湖)

そば(榛名湖)

で、榛名湖では定番のボート。

榛名湖

榛名湖

屋根のない激しくポンコツの足こぎボートがあったので、それに乗る。

コロスケ(犬)も同乗。

ボートの管理人に、犬がしらーっとしてますよ、と言われた。

そうそう、うちの犬は性格が猫みたいなんだよね。

あと、コロスケと船上で写真を撮りたかったが、船のバランスを崩すと転覆しそうで怖かったので写真撮れず。(どんなボートやねん)

ポンコツボート

ポンコツボート

モーターボートが近くを通って、波にあおられて転覆しそうになった。

あひる船とニアミス。

マジで近づいてきて焦った。あひるめ。

あひる船とニアミス

あひる船とニアミス

ていうか、ボートの足こぎ位置が近くて、めちゃくちゃ疲れた。

へとへとになりながら旅館に到着。

かやぶきの郷薬師温泉 旅籠

かやぶきの郷薬師温泉 旅籠

けっこう雰囲気はある。

かやぶきの郷薬師温泉 旅籠

かやぶきの郷薬師温泉 旅籠

部屋からの渓流のある風景はけっこういいかも。

部屋からの景色(かやぶきの郷薬師温泉 旅籠)

部屋からの景色(かやぶきの郷薬師温泉 旅籠)

ていうか、この旅館、若いスタッフばっかり。

ぜったい夏休みバイトだな・・・。

部屋からの景色(かやぶきの郷薬師温泉 旅籠)

部屋からの景色(かやぶきの郷薬師温泉 旅籠)

夕食は会席。

夕食(かやぶきの郷薬師温泉 旅籠)

夕食(かやぶきの郷薬師温泉 旅籠)

館内には、貸切温泉など各種温泉だけでなく、展示物も多い。

世界最大の釜?(かやぶきの郷薬師温泉 旅籠)

世界最大の釜?(かやぶきの郷薬師温泉 旅籠)

兜やら印籠やらの資料館。

資料館(かやぶきの郷薬師温泉 旅籠)

資料館(かやぶきの郷薬師温泉 旅籠)

温泉に入った後の休憩所みたいな建物。

休憩所?(かやぶきの郷薬師温泉 旅籠)

休憩所?(かやぶきの郷薬師温泉 旅籠)

ちょっと怖い展示物。

何か変なもの映ってないよな?

休憩所の展示物(かやぶきの郷薬師温泉 旅籠)

休憩所の展示物(かやぶきの郷薬師温泉 旅籠)

結婚式とかもできるみたい。

あちこちに貼ってある、へなちょこ夫婦の挙式写真がうざい。

挙式の控室?(かやぶきの郷薬師温泉 旅籠)

挙式の控室?(かやぶきの郷薬師温泉 旅籠)

犬は部屋に入れない。

これはかなり痛いね。(いつから俺は愛犬家になったんだ・・・。)

でも、犬専用の建物もある。

建物の中は4つに区切られていて、エアコン完備でとても快適。

とはいえ、独房みたいで、ちょっとかわいそうだな。。。(うわぁー愛犬家みたい・・・)

犬小屋(かやぶきの郷薬師温泉 旅籠)

犬小屋(かやぶきの郷薬師温泉 旅籠)

一夜明けて伊香保牧場によって帰宅。

伊香保牧場

伊香保牧場

伊香保牧場も犬OK。

伊香保牧場(犬OK)

伊香保牧場(犬OK)

 

伊香保牧場

伊香保牧場

身延山久遠寺/日蓮の墓を探る!?

先日、身延山の久遠寺に行ってきた。

ここは日蓮にゆかりのある地で、サザエさんのオープニングテーマにも出てきた観光地でもある。

なんと商品名「サザエさん」

なんと商品名「サザエさん」

ちなみに、単なる人形焼きなのだが商品名は「サザエさん」と、かなりダイレクトである。

さて、この身延山は日蓮宗の総本山である。

日蓮宗系の宗教は某有名な宗教から小さな宗教までたくさんあるが、ここは本家本元の日蓮宗。

敷地内に大学も設置されており、かなり本格的。

身延山久遠寺案内図

身延山久遠寺案内図

そして、さすが総本山だけに、かなり豪華。

広大な敷地に巨大な建造物。

来て良かった感100%。

大仏殿並みの建物や五重塔など豪華絢爛
大仏殿並みの建物や五重塔など豪華絢爛

土産物屋もあるが、まあ普通の土産物屋であった。

ここの土産は「サザエさん」で、決まりだろう。

久遠寺の中の土産物屋

久遠寺の中の土産物屋

本堂も大仏殿とまではいかないが、かなり巨大。

大仏殿並みの巨大本堂

大仏殿並みの巨大本堂

境内も広く、犬の散歩をしてもOK。

実際に地元の人が犬の散歩をしており、坊主と何やら世間話をしていた。

広い境内

広い境内

さてさて、ここのメインは恐らく、このロープウェイだろう。

山頂に向かうロープウェイ

山頂に向かうロープウェイ

今まで乗ったロープウェイの中でもかなり乗り心地のよいものだった。

が、満員電車並みに押し込まれるのが難点。

来るなら平日が良いかも。

ロープウェイからの景色も絶景(富士山も見える!)

ロープウェイからの景色も絶景(富士山も見える!)

山頂に付くと、それはそれは良い景色が続き、露出に失敗して富士山が全く撮れなかったのは残念。

それにしても富士山ばか30枚近く撮ったのに、全部露光に失敗して撮れなかったのは富士山噴火の暗示か。笑

山頂に付くとさらに長い石段が

山頂に付くとさらに長い石段が

奥之院に到着。

ここで日蓮が故郷(千葉)を忍んだという。

日蓮が故郷をしのんだ山頂の奥之院

日蓮が故郷をしのんだ山頂の奥之院

自分は、千葉、いすみ市に田舎暮らしを始めてから知ったのだが、日蓮の故郷は千葉である。

ここ奥の院でしばしば千葉の両親に思いをはせていたそうな。

日蓮といえば、お上をも恐れない程の毒舌坊主で、結果、島流しにされてしまったのであるが、その後に召喚されたのが身延山だったそうだ。

毒舌と言えば、日蓮宗以外はクソミソにけなしていたという話は何かで読んだ記憶があるが、なんと地元でも相当嫌われていたそうである。

そしてそれは今、現在も続いており、元々千葉(安房)が実家の妻の話によると地元の人で日蓮が嫌いな人はけっこう多いそうな。笑

話はガラっと変わり、山頂のガスはレモンガスである。

え? レモンガス!?

なんとレモンガス!これはいかん!?

なんとレモンガス!これはいかん!?

レモンガスと言えば、今では見ないがCMが面白い。

野球拳のメロディーで、

♪ ガスにするなら、レモンガスにしやしゃんせ

♪ アウト! セーフ! レモンガス!

このCMを見る限り、こんな「一か八か」なガスなんか使えるかよ!って思っていた。。

万が一、ガス爆発を起こした場合、ガス会社から「あー、アウトの方でしたね~。笑」って言われそうである。

しかし、CMを良く聞いてみると・・・、

「アウト」ではなく「ガード」と言っていた。笑

 

無駄話はさておき、ここ身延山は日蓮の墓もある。

日蓮は千葉で生まれて山梨の身延に埋葬されたのである。

身延に埋葬してくれと日蓮自身が頼んだそうである。

やっぱり千葉には戻りたくなかったのであろうか・・・。

日蓮の墓

日蓮の墓

それにしても、この日蓮の墓は久遠寺よりも壮大かもしれない。

墓前にたどりつくまでに整備された広大な敷地が続く。

広大な敷地にポツンと受付の建物

広大な敷地にポツンと受付の建物

階段も多くて、けっこう疲れる。

けっこう長い墓への道のり

けっこう長い墓への道のり

そして、墓前に到着。

墓の前(奥に見えるのは?)

墓の前(奥に見えるのは?)

カプセルみたいな等になってるのが日蓮の墓。

なんか、すごい。

日蓮の墓

日蓮の墓

さて、以上で身延山探索記は終了であるが、ここ身延は和紙も有名だそうだ。

和紙の里

和紙の里

日蓮と言えば、後世に残る書物もたくさん書いているが、やっぱ紙って重要だよね。

 

***以下余談***

自分が小学生の頃、クラスの友達を題材にマンガを書いていたことがあったのだが、何に書いていたかというとノートの切れ端であった。

当時はノートを破って遊びに使ったりすると先生や両親に怒られた。

なのでノートを破る勇気は自分にはなかった。

ノートは当時の自分にとって「高級品」で簡単には手に入らなかったという理由もあるのだが。

ノートを破って遊びに使うのはケンカの強い、ちょっと度胸のある友達だけだった。

そこで、紙を供給する代わりにマンガを描くという、なんだか宮廷漫画家みたいな関係が成り立っていたのだ。

なんか、そんな当時を思い出した。

 

***さらに余談***

もう一つ思い出すのが、妻の知り合いの「霊とか見えちゃう人」の話。

「日蓮、富士山に縁があるはずだから、富士の麓の日蓮を祭ってる場所に行ってみると良い。」と言われたそうである。

なので、身延山はちょっと気になっていた。

(ちなみに麓には怪しい宗教がワンサカあるから注意。)

あと、もう一つ気になるのは、上記とはまた別の「霊とか見えちゃう人」の話。

オレの前世は「権力に対して徹底的に歯向かって来た僧侶」とのことだったので、なんだか日蓮と似たものを感じる。

今もなお、そういう判官贔屓なところがあるのではあるが・・・。

 

***さらにさらに余談***

ところで、身延には七面山という山があり、この山に前から行ってみたいと思っていたのだが、身延山の隣にあるということは身延に行く直前に知った。

なので、やっぱり何か縁があるのかも。

 

***さらにさらにさらに余談***

そういえば、自分の故郷(愛知県西尾市)の近所には七面ではなく八面の「八ッ面山」という山があり、キララ(雲母)の産地でもある。

キララの八面体と山の名前が何らかの関係があるかどうかは、わからない。

そして、この八面山はGoogleEarthで見ると、まるで前方後円墳のようである。

そのうち調べてみたい。

あと、西尾の隣の吉良町の有名人、吉良上野介の吉良という名前は、この「キララ」が由来である。

冬の那須高原

今年最初の3連休で那須に行ってきた。
ちなみに初詣はまだしていない。

積雪があるってのに、ノーマルタイヤで那須へ。
窓から見えるスカイツリーが冬の済んだ空気のせいか清々しく見える。

高速から見えるスカイツリー

高速から見えるスカイツリー

夕方にコテージに到着
コテージに宿泊すのは初めてだが、かなりいい感じ!

雪だらけのコテージ

雪だらけのコテージ

窓から外を見るとさらに良い雰囲気。

コテージの窓からの景色

コテージの窓からの景色

部屋は犬もOK。

犬もOKなコテージ

犬もOKなコテージ

憧れの暖炉のある部屋。
ていうか、暖炉って面倒くさいね。。。

暖炉のある部屋

暖炉のある部屋

夜になると、また雰囲気が出ていい感じになる。

夜になると雰囲気が出る

夜になると雰囲気が出る

どことなく、北欧の雰囲気。
いや、それは言い過ぎか。

林の向こうに見えるコテージ

林の向こうに見えるコテージ

夜は雰囲気がいいけど、寒い。
とりあえず温泉に入ってとっとと寝ることに。

夜のコテージ

夜のコテージ

翌日は観光。
那須周辺をドライブして思うのは、雰囲気がとても良いということ。
どうやら自分は「高原」の雰囲気が好きなのかもしれない。

さて、あちこちドライブして「私の美術館」に到着。
ほとんど期待していなかったが、那須のテーマパークでは一番良かったかも。

私の美術館

私の美術館

ここの美術館は此木三紅大という方の作品を展示しているのですが、この人は現在、千葉の匝瑳市に住んでいるそうです。。。

あぁ、やっぱり絵を極めるとこの構図になるのかなと。笑

素晴らしい構図の絵(私の美術館)

素晴らしい構図の絵(私の美術館)

成田空港のステンドグラスとかも手掛けたそうです。
庭にはオブジェもあります。
雰囲気良いです。

館内のオブジェ(私の美術館)

館内のオブジェ(私の美術館)

さて、次。

とりあえず、入口まで来たが猿を見る気がしなかったのでスルー。

那須ワールドモンキーパーク

那須ワールドモンキーパーク

んで、次。

ここも、入館料の割にはおもしろそうじゃなかったのでスルー。

トリックアートの館

トリックアートの館

そして、次。

怪しい呼び込みのオッサンに誘われ入ってみたが、やっぱり怪しかった。
ルパソ3世やマスオ、フネのパクリ風の土産物がたくさんある。

怪しいワールドバザール

怪しいワールドバザール

ランチは「まめ花」という大豆の専門店っぽい店へ。
ここは、接客や店の雰囲気も上品で、味もバッチリ、しかもボリュームたっぷり。
那須に来たら絶対にまた来たい店。

まめ花でランチ

まめ花でランチ

腹ごなしに散歩へ。

那須 花と体験の森

那須 花と体験の森

林道があるのだが冬だけに何もない。。。
まあ、腹ごなしにはなったが、こりゃ冬以外に来るべきだな。

那須 花と体験の森

那須 花と体験の森

というわけで、冬の那須高原はとても雰囲気の良い場所だった。
年末年始の年越しも良いかもしれない。